報告・祈り会を行いました。

5/5(月・こどもの日)午後6~7時、弘前市の青森武道館で、
3.11虹の会の報告・祈り会を行いました。

当日は雨にもかかわらず、20名が集われました。

f0269253_7592260.jpg


昨年度の保養の報告や、支援への感謝、そして今後のための支援要請
(祈り・報告会参加・献金等)について説明がありました。


そして、今年も昨年同様、岩手から若井和生先生ご家族をお招きし、
放射能との闘いと、現在の状況、聖書からのお勧めがありました。

f0269253_817301.jpg



*放射能について、正しく理解し、正しく恐れるようにすること。
放射能を「無いもの」と思い込むのではなく、危険を認識しつつも、
そのことについて良く調べ、学んで、正しい知識を身につける事。

*不安な気持ちを軽んじてはならない。
放射能に対して、不安や心配を抱くことを、自分も、他人も軽んじてはならない。
そうした不安を抱くからこそ、私たちは、神に助けを求めて行くように、
苦しみを素直に分かち合える場で、互いに慰め合い、励まし合える。

「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。
こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、
どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。」(聖書)


報告会が始まる前の時間に、先生ご家族とともに食事をしながら
交わりの時を持ちました。

f0269253_829551.jpg



今回の集会での献金は、18,000円でした。心からご支援を感謝致します。
今年も、夏の保養支援、秋の報告会、被災者へのりんご贈呈などを予定しています。
皆様からの尊いご献金を、これらの働きのために大切に使わせていただきます。
本当にありがとうございました。
[PR]

by 311niji | 2014-05-06 08:36 | 集会・講演会

<< 秋の保養報告会ご案内 一年の感謝と保養報告会ご案内 >>